submenu11 submenu12 submenu13

◆「大菩薩連嶺」周辺案内図 b_simple_45_0L
 大菩薩連嶺は秩父山地の一端に当たり北の柳沢峠から南端の笹子峠へと続く南北約30Kmの主稜線とそこから派生する東西約20Kmの支脈上にそびえる山々によって形成された山地である。
 標高2057mの大菩薩嶺を主峰として1500m以上のピークを十数座数え、植生は亜高山帯に属する。クマ・シカなどの大型動物も生息する豊かな自然に恵まれた山地です。
 また、関東と甲府を文化的、経済的に区切る障壁ならではの人文的に興味のある史話が残されている。
ヒュッテ資料_ドライブMAP
ヒュッテ資料_観光案内図

◆コース紹介b_simple_45_0L
ヒュッテ資料_MAP01
ヒュッテ資料_MAP02
ヒュッテ資料_MAP03
ヒュッテ資料_MAP04

※この地図の作成にあたっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものです。(承認番号 平14総使 第389号)